« 学歴コンプレックスと私 | トップページ | 犬山城のしゃちほこが »

2017年9月16日 (土)

就職活動と私

就職活動と私(reboot)

私の大学4年間はバイト、バイク(ツーリング)、野球に明け暮れていました。そしてチョビット恋愛。
おかげさまで工学部は得意の数学(これだけ)ポイ授業と試験なので勉強しなくてもそこそこ単位がとれたので就職活動をする時期を迎えることが出来ました。

さてと高校3年の頃と同じく私は将来何がしたいのか何になりたいのかをまったく考えていませんでした。
リクルートからの分厚い企業のパンフレットや学校の就職課の掲示板を眺めても就職意欲がわきません。

また私は夏休みになると就職活動そっちのけで卒業研究に追われていたのです。それに電気工学科ですが電気に興味があったわけでもない私です。まったく入りたい会社がありません。
そこで目先を変えて仕事中でも遊べそうなのでおもちゃメーカーを就職先に選び会社訪問をしたのです。

まずは静岡市にあるプラモデルメーカーの田宮模型に電話連絡し当日就活スーツでバッチリ決めて出かけたのでした。
指定時間に到着し田宮模型の女性担当者の案内で会社見学が始まりました。プラモデルの設計室射出成型工場梱包作業を順路にしたがって見ていったのです。 最初のころは警戒していた一緒に見学していた子供たちも私に徐々になれプラモデルの質問をしてワイワイと楽しく回ったのです。
かしこい私は途中で気が付きました。これは会社訪問では無く社会科見学だと。そう私は小学生と「夏休みプラモデル工場見学会」に参加していたのです。

しかし悲しい事に案内の女性担当者は私を引率の先生か保護者と勘違いしたのでしょう。まったく私が就職希望者だと気付かずにいたのです。で帰りにプラモデルのお土産をもらった時に恐る恐る尋ねたのです。

私:「就職について来たのですけど」と。私が言うや否や担当者の顔色が真っ青になり別の人をつれてきました。
そしてその人の口からは「来年入社の募集はありません。」と冷たくひとことだけです。田宮模型さんその節はお土産どうもありがとうございました。

お次はリカちゃん人形、チョロQ、ダッコちゃんのタカラです。こちらは就職希望者7名のグループミーテングに参加したのです。
いやはや他の希望者と私の入社にかける意気込みはまったく違いました。私を抜いた他の希望者は前日に開催された「おもちゃ展示会」に皆見学していたのです。私は展示会の存在さえ知りませんでした。
またなかにはタラカのクソゲームパソコン「ピュー太」を絶賛しているものまで。私とは気合が違い過ぎます。結果惜しくも私は不採用になりました。そして私はおもちゃ関係の入社は諦めたのです。

次に友人から電気機器商社を紹介してもらい面接に行きました。面接者に初っ端からなぜに高校は工業高校ではなく普通高校を選んだのか?と質問を受け延々とそのことで私は責められたのです。
だんだん腹が立ってきた私はそれからは超適当に回答し続けたのでした。てっきり不合格と考えていたのに合格。
でも私はこんな会社に勤めるものかと思っていたのです。後日談として私の横柄な対応に面接者は骨がある人物だとえらく気に入ったようです。その後何度も入社してくれと頼まれましたが私は親から東京勤務は駄目だと言われたと嘘をついてかわしたのでした。

地元の企業も面接の予約をしました。しかし前夜にお世話になっていた研究室の助手の送別会があり飲みまくりその助手(男性)から無理やりチューまでされました。(自分で言うのはなんだが当時の私は可愛かった。)
で、面接は二日酔いで残念ながらキャンセルしたのでした。

就職先が決まらずにいたのにわりとのんびりしていた私に教授からお声がかかり勧めてくれた会社に面接に行きました。
面接は会社の工場内を案内された後にたいして質問も受けずに終わりです。 で、この会社に目出度く合格。それから入社式までほっておいたら会社が寮の部屋を用意してくれたのです。
入社式で面接担当者から私が本当に入社してくれるかと今日まで不安だったと話されました。こちらも入社するまで私はこの会社でいったい何をするのかまったく不明でした。
まあ面接の時に案内を受けた工場内で製品設備の組立をするのかと漠然と考えていたのです。

しかし私の配属先は技術部設計2課でした。広いフロアーにドラフター(製図台)が並びます。
私にはムトー製ドラフターと机にそで机と椅子そして高価な製図セットとどれも新品があてがわれたのです。 惜しげもなく新品を私に用意して頂いたことに感動したことを覚えています。

こうしてここから私の現在に至る作図とプログラミングの長い長い設計・エンジニア人生が始まったのでした。


« 学歴コンプレックスと私 | トップページ | 犬山城のしゃちほこが »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1962793/71727944

この記事へのトラックバック一覧です: 就職活動と私:

« 学歴コンプレックスと私 | トップページ | 犬山城のしゃちほこが »