« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月の2件の記事

2016年11月25日 (金)

養老天命反転地からの養老の滝ついでに大垣城

養老天命反転地からの養老の滝ついでに大垣城

ここ三重で仕事をしていますと基本土日祝日は暇なのでヤフーの地図を現在地から-をクリックしていき養老の滝を発見しました。で、思い出したのです養老の滝の近くに天命反転地なる公園があることを。

養老天命反転地:変な公園。建設中に作業員が「こんな物作れるか!」と怒ったらしい。入園者は怪我人続出。開園当時はよくテレビ紹介されていましたが最近はブームが去ったのかとんとマスコミは取り上げてくれません。

まあね、私はずっとこの公園が気になっていたのです。

で、行って来ました。

桑名から電車養老線に乗り養老駅から公園まで歩いて15分位。9時開園ですが私は10分前に到着。シャッターが開くのを一人待ったのです。
で、開園であちらこちら見て体験して来たってわけです。

感想:家族で行きたかった。娘と息子はさぞや喜んだろうな。一人で行くと半減。

養老の滝:果たして全国には居酒屋を除きいくつ養老の滝があるのだろか?少なくとも千葉にはあります。たぶん親孝行の息子が山で父親が好きなお酒が湧く泉とかを発見するって話ですよね。まあ岐阜の養老の滝が本家かもしれませんが。まあね、親孝行するのならば一生懸命働いて稼いだお金でお酒を買って父親にプレゼントすればよいのですがね。アメリカだったら油田を掘り当てた話みたいなものです。じゃじゃ馬億万長者。

で、養老天命反転地を2時間ぶらぶらした後に川沿いの道を歩き養老の滝まで行って来ました。

感想:滝だね。ちょっと遠かった。帰り道でお団子を食べました。

大垣城:大垣にあります。大垣と言えばJRの最終電車大垣行きです。学生の頃に一度くらいは乗って大垣までそこから乗り継いで京都まで行ってみたかったものです。当時は大垣が何処にあるかもしりませんでした。なので謎の街、大垣です。養老線で桑名からだと大垣は終点になります。大垣に訪れてみたいのでついでに大垣城に行ってみました。

で、天守閣を登り駅前通りでお好み焼きを食べて名古屋経由(大須観音通あたりブラブラ)してホテルに戻ったのです。

感想:娘にお城の写メを送ると返信で羨ましがられたので嬉しい。

まあ、こんな感じで三重にいます。今回訪れたのは岐阜ですが。桑名は三重の端っこなので岐阜やら名古屋に近いです。


  • Photo

Photo_2


Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6



2016年11月19日 (土)

伊勢神宮参拝

伊勢神宮参拝

三重県にいます。

三重といえば

1. 伊勢神宮:伊勢参りをしたかった。ずっと前からしたかった。チャンスが無かった。

2. 鳥羽水族館:ダイオウグソクムシは絶食で有名。何年も食べなくて生きていた。まさにダイエットの象徴だ。

3. 鈴鹿サーキット:これのせいでホテルが満室で取れにくかった。部屋が空いていても1万5千円越え。

4. 四日市ぜんそく:まだ多少臭うと先日松坂市のご婦人が言っていた。ナイトクルーズの夜景はすばらしいそうだ。

5. 津市:一文字「つ」の名前の市。どこの出身ですか?で「つ」と答えられてもね。「つ」ですか。

6. 長島スパーランド:関東では無名の遊園地。この遊園地の存在を知ったのは伊勢湾岸自動車道を通っている時です。ジェットコースタ群がすごいのなんのって。近郊になぼなの里もあります。

7. 真珠:伊勢志摩と言ったら真珠の養殖です。男性なので余り真珠には興味がありませんが。

8. 熊野古道:三重は長細い県なのでここからは遠いです。滝もあったような。

9. 松坂牛:私は今だに食したことがないような。高級牛肉と言ったら松坂牛なのにね。私は高級とは縁遠い生活を送っております。

10. 夫婦岩:伊勢志摩の海にある大小の岩をしめ縄で結んでいる。妻としめ縄で結ばれるとちょっと嫌。

さてと私は9月の終わり頃からここ三重で仕事をしています。三重といっても愛知よりの桑名と四日市です。なので伊勢志摩熊野は遠いので行ったのは伊勢神宮だけです。まあね念願の伊勢神宮に行けたからよいか。

伊勢神宮
今回は私の過去の知識と最近見たブラタモリの情報だけで行って来ました。で、一月以上経過したので早くも記憶が曖昧。 近鉄電車に乗って外宮参拝してバスに乗って移動して内宮参拝しておはらい町通りおかげ横丁をぶらぶらしてふくすけで海老伊勢うどんを食べてビールを飲みました。で、赤福本店で赤福購入です。

今回の三重の出張は精神的に余裕が無くて毎日疲れきり10時には寝ています。で、夜中に目覚めてまた6時まで二度寝しているのです。

こんな生活から早く脱出したいです。


Cimg0115

Cimg0128


Cimg0133

Cimg0139


Cimg0145


Cimg0152














« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »