2017年10月16日 (月)

レイコよ これからも

レイコよ これからも

6月のはじめのことです。私はここ広島単身赴任先の冷蔵庫のコンセントを抜いたのでした。

レイコこと冷蔵庫のコンセントを抜いた理由

・食材は帰宅時に毎日スーパーで購入し夕食、朝食で使いきるので長期保存はしない。
・スーパーで食材購入時に保冷用に氷を2袋貰い冷蔵庫の野菜室に入れ冷やす。
・ストックしている食材は卵、豆腐、チーズだけでこれらは常温保存が可能。
・昼食はレーズンバターパンなのでこれまた常温OK。

こうして冷蔵庫に電源を入れずに早4ヶ月。なんとかこの夏をこえることができました。

わりと冷蔵庫に氷袋2個を入れとけばあくる日の夜まで氷は溶けていても袋の中の水は冷たいです。なので冷蔵庫の中はひんやりしています。飲料水はペットボトル500ccに入れて氷袋の横に置いておくのでいつでも冷たい水は飲めます。

電源を抜いたメリット
・食材を買い過ぎないので賞味期限を気にしての整理の食べ過ぎが無い。いまだに体重は62kgを保っています。
・電気代がかからない。(微々たる金額かもしれませんが。)

デメリット
・毎日食材を購入しなくてはならない。
・氷袋を作るのが手間。(手際は良くなりましたが)
・サーティーワンアイスを食べ忘れ二度溶かしてしまった。
・大量買いでの食材を安く購入出来ない。(割り引き品を利用しているが)

まあ、冷蔵庫は保存箱として利用しているので処分はしません。
なので、レイコよ これからもよろしくね。

2017年10月12日 (木)

娘からのプレゼント

娘からのプレゼント

10日が群馬まで出張のため日曜日の8日に千葉家に移動しました。

8日:JR品川で妻と待ち合わせとしたが合流はJR西大井となり横浜へ。(合流電車を間違えた)
横浜中華街の関帝廟をお参りし梅林閣さんで遅めのお昼。
みなとみらい線でクイーンズイーストの「スヌーピーショップ」に移動し妻ショッピング。支払いは全て私。見栄をはりお昼も出してあげた。
ジャンプショップ、どんぐり共和国をひやかして帰宅。

9日:娘の成人式の着物の撮影に立ち会う。ケンタッキーとお寿司で家族全員で夕食。

10日:朝から群馬に移動して現地調査と打合せ後に帰宅。

11日:朝から単身赴任先の広島へ移動。

さてと10日の夜のことでした。娘からおもむろに東急ハンズの袋を渡されたのです。
私:「なんだ?」ちょっと警戒。
娘:「プレゼント。」 私:「はあ?」
娘:「誕生日の。」

あれま。娘から誕生日プレゼントを貰ってしまいました。すげー嬉しい。袋から取りだすとツボ押マッサージ器具とこれまた足裏に貼る健康グッズです。すげー嬉しい。娘は私の誕生日を気にかけてくれていたってことです。すげー嬉しい。
まあ、私の誕生日は3ヶ月前の7月でしたが。

Photo



2017年10月 7日 (土)

9月は映画鑑賞月間

9月は映画鑑賞月間

9月16日~18日の3連休はここ広島では台風接近にともなう暴風雨とのことでしたので映画DVDを借り鑑賞したのです。

観賞映画

ホビット2,3:やたら話が長い。過去に1を観たがほっといていた。1が薄ら覚えで2なので何度も途中寝てしまったことやら。ドラゴンの町を蹂躙と戦闘シーンはさすがだ。

スターウォーズフォースの覚醒:殺しちゃあだめだろ。私はスターウォーズでタモリが脳裏をかすめます。初のテレビ放映で放映開始時までのタモリの強引な引っ張りで。

未来世紀ブラジル:風刺映画なのに無駄に話が長い。つぎ足したようなラストは必要?まあ空飛ぶモンティパイソンの流れだな。

その他最近みた映画

心が叫びたがっているんだ:息子が良かったと言っていたのでテレビで観賞。一言。ふざけんな、ばっくれやがって。デスりやがって。あのアマがある女性とかぶる。なんか似てる。廃墟ホテルから学校への移動は公道を自転車二人乗りだろうな。

君の名は:ありえん。妻と5日に観賞。SFだけどありえん。入れ替わって学校に通うか?バイト先に行くか?カレンダー見ないのか?転校生、時をかける少女、ハルマゲドンなどのごっちゃまぜ。なぜに大ヒットしたかわからん。妻も同じ意見。

毎日かあさん:私は原作の西原理恵子氏の漫画のファンだが主演が小泉今日子氏で二の足を踏んでいた。
一の足:キョンキョンと西原氏ではイメージが違い過ぎる。
二の足:私へストーカしたヨシエがキョンキョンの大ファン(雑誌やら新聞記事をスクラップしていた、カラオケで歌うは全てキョンキョン、私が厚木の不良と言うと激怒)でアレルギー。
結果:お出掛けしたかったので早く終われとイライラしながらの観賞だった。でもきっと観たヨシエは感動しただろうな。




2017年9月27日 (水)

犬山城のしゃちほこが

犬山城のしゃちほこが

13日(水)は久々の犬山市でのお仕事でした。お昼休憩を早めにし台湾料理阿福さんでランチ700円也。(阿福さんは前回夕食で訪れています。リーズナブル)

ついでに犬山城の近くまで課へのお土産を買いに行きお城を見上げると片方のしゃちほこがみごとに破損中でした。
これは7月の豪雨時の落雷によるもです。

雷様はすごい破壊力です。つうかお城に避雷針は無いのか。まあ避雷針棒が設置してあるお城は記憶にありませんが

Photo

2017年9月16日 (土)

就職活動と私

就職活動と私(reboot)

私の大学4年間はバイト、バイク(ツーリング)、野球に明け暮れていました。そしてチョビット恋愛。
おかげさまで工学部は得意の数学(これだけ)ポイ授業と試験なので勉強しなくてもそこそこ単位がとれたので就職活動をする時期を迎えることが出来ました。

さてと高校3年の頃と同じく私は将来何がしたいのか何になりたいのかをまったく考えていませんでした。
リクルートからの分厚い企業のパンフレットや学校の就職課の掲示板を眺めても就職意欲がわきません。

また私は夏休みになると就職活動そっちのけで卒業研究に追われていたのです。それに電気工学科ですが電気に興味があったわけでもない私です。まったく入りたい会社がありません。
そこで目先を変えて仕事中でも遊べそうなのでおもちゃメーカーを就職先に選び会社訪問をしたのです。

まずは静岡市にあるプラモデルメーカーの田宮模型に電話連絡し当日就活スーツでバッチリ決めて出かけたのでした。
指定時間に到着し田宮模型の女性担当者の案内で会社見学が始まりました。プラモデルの設計室射出成型工場梱包作業を順路にしたがって見ていったのです。 最初のころは警戒していた一緒に見学していた子供たちも私に徐々になれプラモデルの質問をしてワイワイと楽しく回ったのです。
かしこい私は途中で気が付きました。これは会社訪問では無く社会科見学だと。そう私は小学生と「夏休みプラモデル工場見学会」に参加していたのです。

しかし悲しい事に案内の女性担当者は私を引率の先生か保護者と勘違いしたのでしょう。まったく私が就職希望者だと気付かずにいたのです。で帰りにプラモデルのお土産をもらった時に恐る恐る尋ねたのです。

私:「就職について来たのですけど」と。私が言うや否や担当者の顔色が真っ青になり別の人をつれてきました。
そしてその人の口からは「来年入社の募集はありません。」と冷たくひとことだけです。田宮模型さんその節はお土産どうもありがとうございました。

お次はリカちゃん人形、チョロQ、ダッコちゃんのタカラです。こちらは就職希望者7名のグループミーテングに参加したのです。
いやはや他の希望者と私の入社にかける意気込みはまったく違いました。私を抜いた他の希望者は前日に開催された「おもちゃ展示会」に皆見学していたのです。私は展示会の存在さえ知りませんでした。
またなかにはタラカのクソゲームパソコン「ピュー太」を絶賛しているものまで。私とは気合が違い過ぎます。結果惜しくも私は不採用になりました。そして私はおもちゃ関係の入社は諦めたのです。

次に友人から電気機器商社を紹介してもらい面接に行きました。面接者に初っ端からなぜに高校は工業高校ではなく普通高校を選んだのか?と質問を受け延々とそのことで私は責められたのです。
だんだん腹が立ってきた私はそれからは超適当に回答し続けたのでした。てっきり不合格と考えていたのに合格。
でも私はこんな会社に勤めるものかと思っていたのです。後日談として私の横柄な対応に面接者は骨がある人物だとえらく気に入ったようです。その後何度も入社してくれと頼まれましたが私は親から東京勤務は駄目だと言われたと嘘をついてかわしたのでした。

地元の企業も面接の予約をしました。しかし前夜にお世話になっていた研究室の助手の送別会があり飲みまくりその助手(男性)から無理やりチューまでされました。(自分で言うのはなんだが当時の私は可愛かった。)
で、面接は二日酔いで残念ながらキャンセルしたのでした。

就職先が決まらずにいたのにわりとのんびりしていた私に教授からお声がかかり勧めてくれた会社に面接に行きました。
面接は会社の工場内を案内された後にたいして質問も受けずに終わりです。 で、この会社に目出度く合格。それから入社式までほっておいたら会社が寮の部屋を用意してくれたのです。
入社式で面接担当者から私が本当に入社してくれるかと今日まで不安だったと話されました。こちらも入社するまで私はこの会社でいったい何をするのかまったく不明でした。
まあ面接の時に案内を受けた工場内で製品設備の組立をするのかと漠然と考えていたのです。

しかし私の配属先は技術部設計2課でした。広いフロアーにドラフター(製図台)が並びます。
私にはムトー製ドラフターと机にそで机と椅子そして高価な製図セットとどれも新品があてがわれたのです。 惜しげもなく新品を私に用意して頂いたことに感動したことを覚えています。

こうしてここから私の現在に至る作図とプログラミングの長い長い設計・エンジニア人生が始まったのでした。


2017年9月13日 (水)

学歴コンプレックスと私

学歴コンプレックスと私(reboot)

私が通っていた高校では大部分の生徒が卒業すると就職でした。
仲のよかった友人はほぼ就職です。私は大学に進学しましたが推薦で入ったわけで就職した彼等に優越感など微塵も感じたことはありません。
他の大学に入学した同級生と自分の大学を比べることもありませんでした。

これは当時の私が知っていた大学の名前は6大学をやっと言えるくらの知識しかなくその他にはよく耳にする日大だとか県名地名がついた国立だとかの大学だけだったからです。

私が進学した大学名は友人の青山から聞かされたのが初めてでした。でもそんな大学に入学したからって恥ずかしいなんてコンプレックスを持つことはありません。6大学や国立以外はみな一緒だと思っていたからです。

高校を卒業した年の夏休みに同窓会がありました。久々にガールフレンドのアトに会い話をしたのです。そのなかでアトは私にこう聞いてきたのです。

アト:「静大生とコンパしたんだ。静大(国立)と△大学(私の通学している)ってどっちが優秀?

」 私は耳を疑いました。こいつ何を言っているんだ。静大と△大学だったらTDLと花やしきを比べるようなものだろ。どっちが優秀か?って俺をからかっているのか?
それより静大生とコンパしたことを気軽に言いやがって所詮俺はアトにとってそれだけの男か。情けない気持ちになったのでした。

今思えばこれが私の学歴コンプレックスだったのでしょう。結局女性はより優秀な男性を求めるってことです。まあアトの発言は私が聡美と一緒に通学していることに対する猜疑心からさぐりを入れたまたは私にやきもちをやかせたかったことから口に出たのかもしれません。

あ、それだけではありません。その同窓会でアトからバイト先の先輩男性と食事に行った話しも聞かされたのです。私はイラついたことを思い出しました。

アトは私の知らないところでコンパに行くは食事に行くはです。そんな話を聞かされて嫉妬しないわけがありません。この時にこの先アトとは関わり合わないようにしようと決めたのです。

なぜなら私は誰かと比較されるのが大嫌いなのです。これは幼馴染の優香に矢代と比べられたことがトラウマになっているのかもしれません。なのに俺の彼女だと言ったマナには同級生からコクられたけどどうしたらいい?と聞かれタカも交際を申し込まれたと言ってきやがった。

だったらそいつと付き合えよ。俺に聞かなきゃ決められないのかよ。どいつもこいつも俺を試しやがって。ちょっと忙しくて会えなくなるととんたんにこんなことを言ってくる。

君にもっと尽くせってことか?まめにならないと他の人と付き合うってことか。上等だ。その新しい彼氏と付き合って仲良くやってください。

で、アトはエリートサラリーマンと結婚して今では社長夫人になりました。目出度し目出度し。

もうさ箱の中を覗いておもちゃを見つけて懐かしんで遊ぶのは止めてくれない。
結婚するから連絡取れだとか。アトの母親からはもらって欲しかったと言われるとか。新婚家庭に招かれ彼氏のいる友人を紹介されるとか。同窓会のたびに懐いてくるとか。もう勘弁だね。
君は気付きはしないのだね。そのおもちゃには心があるのだよ。



2017年9月12日 (火)

受験と私

受験と私(reboot)

高校受験

中学時代、私は学習塾に通っていましたが動機が好きな女子が通っていたからです。
塾帰りに駅から二人きりで歩きながら語ったこともありました。その女子が中2の終わりに転校したので塾はきっぱりと止めたのです。
まあ分かりやすい行動です。

で、高校は親の希望で県立としました。つうか私立は絶対に不可でした。私の両親は県立至上主義で私立に行くのは県立を落ちた者と決め付けています。
思えば孫娘が私立高校に行くと告げたときの両親の落胆ぶりは半端なかったです。両親の頭の中では私立高校は県立の滑り止めなのです。

したがって私の受験高校は県立一本でした。なので絶対に入れる高校としたので結果私は受験勉強をする必要がありませんでした。
その高校の模試で300人中4番を取ったことがあります。担任は上位校を目指したらと言ってくれましたが私にとって高校なんてどこでも良いと考えていたのです。
当時誰も私に上位の高校で勉強して上位の大学を目指す意義を教えてくれませんでした。

そのようなわけで確実に入学できる高校を志望校とし私はまった受験勉強せずになんなく合格したのです。
同じ様な状況の友人ヨウ君と「俺達が落ちるんだったら全員不合格だ。」と豪語していました。
なのにそんな程度の高校の入学試験に落ちた同級生がいて驚いたものです。

入学試験の科目の筆記は簡単だった覚えがあります。面接では同じグループのおせっかい姫の聡美に面接官が趣味を聞いたのです。
聡美:「はい、スズ集めです。」と元気に答えたのです。
スズかよ。声が元気な割りに趣味が地味なスズ集めとは私は笑いそうになりました。

私への質問は休日に何をしているかでした。
私:「遊んでいます。」
面接官は「遊んでいるのですか?」と言ったあと次の人に質問をうつしたのです。 この時の私の「遊んでいます。」が余程聡美のツボだったようで「もっと他に言いようがなかったの?」とこの先幾度も言われました。
このようにまったく私は高校受験を舐めきっていたのです。

高校入学

高校の入学式の日に教室で喧嘩が始まり床が血だらけになりました。
入学して最初の中間試験の私の数学は満点です。私のこの時の解答用紙が模範解答として廊下の掲示板に張り出されました。

前の席の不良が教師から指されて解けない問題を延々と問われて赤くうつむき立たされていたのです。私はころあいをみて小声で答えてをそっと教えてあげました。すると不良がぼそっと答え着席することが許されたのです。それからと言うものこの不良が懐いてきました。ことあるごとに私に感謝を述べたのです。

こうして入学当初の私は中学時代と同じくがり勉優等生ではないのにわりと成績優秀な生徒を貫いていたのでした。

高1の一学期の終わりのときです。母にそれとなく「俺、大学行かない方がよいよね?」と聞いてみたのです。母はただゆっくりとうなずいたのでした。
ああ大学進学は無しか。だったらこの先勉強する必要はないな。単純な私は期末中間試験でもまったく勉強をしなくなりました。もちろん日々の予習復習なんて小中とやったことがありません。

そして麻雀を覚え休日は野球同好会で軟式野球、喫煙、飲み会とその高校ではわりと普通の生徒でした。友人のバイクを無免で乗って転倒したこともあります。これまたこの高校ではいたってごく普通の生徒です。将来のことなんかまったく考えておらずバイトばかりです。

とうとう高3の一学期の通知表に現国の成績が赤字で2と記入されました。よって夏休みも補習登校したのです。

それでも私はぼちぼち進路を考え専門学校位は行ってもいかななんて思い始めたのです。別に高校卒業してからも勉強したかったわけではなくまだ働きたくなかっただけです。なので両親に就職試験に落ちたら専門学校に行きたいと伝えていたのです。

大学受験

夏休みにとある専門学校へ友人数名と体験入学に行きました。
行きの満員電車で後に立った中年おじさんから私はお尻をハアハア言われながらなぜられ続けられたのです。(当時わりと私は可愛かった。この光景を友人も目撃していた。)やはり東京は恐い所や。

体験入学では実技でデジタル時計を製作し貰ったのです。まあこの専門学校でいいかと思いました。ただ入学したらこの貰ったデジタル時計代を入学しなかった他の人の分も含めて授業料として払うのかと思うと少し嫌な気分になったのです。

で、早々と進路もデジタル時計専門学校に決めたので気が楽になりました。

ある日のことでした。ガールフレンドのアトから一緒に同じ大学に行こうと誘われたのです。まったく私は大学進学なんてこれっぽっちも考えていなかったので戸惑いました。
でもこれって漫画「おしゃべり階段(くらもちふさこ)」みたいじゃん。
で、担任に相談です。

私:「**大学に行きたいのですが。」
担任:「志望動機は?」
私:「専門分野を勉強したくて。」
まあ担任は薄々私が誘われたと気付いていたことでしょう。
で、なにやら担任がファイルから資料を取り出し見始めました。
そして
担任:「2科目推薦なら大丈夫でしょう。」
ですって。

やったね。まったく勉強しなかった私は数学だけは得意で成績優秀それと運が良かったことに生物の試験がメンデルの遺伝の法則だったのです。

生物の意地悪教師が試験問題を全て第一世代から順に発生するエンドウ豆の分離比を求めるものにしたのでした。ここは授業ではさらりとやっただけです。
結果100点満点で平均点が30点で私は100点。この問題って数学ジャンって感じですらすら解きました。

で通知表の成績も10なのでした。試験結果後に生物の教師に職員室まで呼ばれ大げさに褒められたのです。(たぶん試験の平均点が低くて周りの教師から嫌味を言われたのじゃない。でもちゃんと回答出来る生徒がいることをアピールしたかったのでしょう。)

あ、妹が中学のときに校内の廊下で教師に呼び止められて「あなたの兄さんは数学がすごく出来たよね。」と言われたそうです。
クロトもeメールで「デコは数学得意だったね。」と書いてきたのです。まあ私の得意は数学だけですが。

担任にアトと同じ大学の願書を取り寄せてもらい親と記入して提出したのです。
両親は近所の私の同級生達が皆大学進学希望ばかりなので少し焦っていたような。このまま一人息子を就職または専門学校でいいのかと悩んだことでしょう。なのであっさりと大学進学を許可してくれたのでした。

で、しばらくするとアトが「やっぱり**大学は行くの止めた。」ですって。
アト:「お母さんから一緒に大学行っても**(私の名前)君から守ってもらえない。逃げ足だけ早そうって言われた。」ですって。
超焦りました。私は**大学に行きたいわけではありません。アトが行くから遠いけど決めたのです。すぐに担任に**大学は止めますと告げたのでした。

で、アトの友人のマキが好きな青山がだったら△大学は?と教えてくれました。 で、担任に告げるとこれまた推薦OK。願書を取り寄せて頂いて△大学に今度は自分で直接送付したのでした。

数日後に青山が「願書に顔写真は貼ったか?」と聞いてきたのです。
はて?貼った覚えはないぞ。貼り忘れです。仕方がないので学校を休んで△大学まで写真を持って貼りに行きました。
これが私の大学の初登校でした。(まだ合格していませんが)で、写真をわざわざ貼ったかいがあり私は△大学に無事合格出来たのです。

このような苦労をして私は大学受験を乗り切ることが出来ました。

大学入学後

聡美の大学が近くにあり一緒に電車で通学することになりました。
3年前の同窓会でアトに「君は俺を振りやがって。」と言ったら
アト:「聡美と一緒に通学していたじゃない。」と言われました。

なにそれ、そんなことで?

私:「同じ電車なのだから通うだろ。そもそも君に一緒の**大学に行こうと誘われたのに裏切りやがったじゃないか。」
アト:「ああ、そうだった。聡美も**大学に行こうとしていた。」

あああ、私とアトだけじゃなくて聡美も**大学志望だったのか。
まったく今まで知らなんだ。通学中は聡美からアトの話題はいっさい出ませでした。聡美の同じ大学の女の子を私に薦めてきたことも。私がアトのことを話すとはぐらかしたっけ。

まあ聡美をバイクで家まで送ったり漫画本貸しあげたりユーミンのコンサートへ一緒に行ったりしました。

どうも聡美は私が好きになる子の友達です。私が中学時代仲良かった和代の友達だったし和代と高校は別になったのに聡美とは一緒。そういえば聡美に修学旅行で頼まれてツーショット写真を撮りました。
で、大学はガールフレンドのアトとは別になり聡美と通学。聡美よ君は私のなんだったのだ。

私が就職してから一度手紙が聡美から届きました。聡美は私の住所をどうして知り得たのだろうか。

手紙には
聡美:「アトが結婚するよ。連絡取ってあげて。」でした。

最近まで私が思っていたことは聡美は友人のアトの結婚に際し私から祝福の言葉をかけてもらいたかったのかと思っていいました。
でも当時私はアトに連絡をとりませんでした。聡美の手紙を黙殺したのです。

聡美はアトの友人として親切心からどこからか住所を入手してまで私に手紙を書いたとばかり思っていました。しかし同窓会のアトの「聡美と一緒に通学していたじゃない。」と聡美も同じ**大学に進学する予定だった話からこう思うようになったのです。

聡美はアトを私から遠ざけようとしていた。理由は聡美が私を好きだったから。 で、成功したけどアトへの罪滅ぼし罪悪感から私に手紙をだしたのではないか。

まあ全ては私の勝手な憶測ですけど。わりとしっくりきます。 もしそうであっても私は聡美を恨むなんてことはありません。恨むなんてお門違いです。当時乗り越える気力が私にはなかっただけです。私が悪いのです。

聡美とは私の娘が誕生した次の日にカズ君宅でのバーベキューで再会しました。聡美は二人の子持ちで噂通りの美人になっていたのです。聡美は相変わらず元気いっぱいでした。でもこのとき以来会っていません。20年以上経ちます。なので遠い昔の話になりました。

あの日アトから一緒の大学に行こうと誘われなかったら私はどんな人生だったのでしょうか。
まったく違う人生だったのでしょう。

まあ今のように単身赴任で広島に住むことはなかったですね。



2017年9月 9日 (土)

ああギャラクシーか!

ああギャラクシーか!

9月1日の朝に妻から電話がありました。8月8日の夫婦冷戦以来です。

妻:「仲直りしましょう。」
間髪を入れず。
私:「いいよ。」
いつもはごねる私ですがあっさりと「いいよ。」です。

あっさり理由:翌週の5日から出張がありどう工程をくんでも千葉家に宿泊せざるをえない。安いカプセルホテルに宿泊してもよかったが自腹になるので無駄な出費。

実は31日の夜に日本がロシアワールドカップ出場を決めたのに気を良くしてサーティーワン(スモールダブル:ベリーベリーストロベリー、ジャモカコーヒー)の写真をLINEで妻に送っていたのでした。私、様子見。でも既読がつかずちょっと心配。
で、翌朝妻からの電話です。なので「いいよ。」に決まってます。

9月4日(月):広島空港から羽田空港へ。空港で荷物を預けると
係り員:「スマートホン関係は(荷物に)入ってますか?」
私:「モバイルバッテリーがあります。」
係り員:「発火の可能性があるので手荷物にして下さい。例の事件から手荷物にして頂いてます。」ですって。

ああギャラクシーか。

9月7日(木):妻の新しいスマホ(アイフォンSE)の設定が終わったのでここ広島から郵便局で送り状の品名に「スマホ1台」と書き局員に渡しました。
局員:「スマホの機種はなにですか?」
私:「アイフォンですがなにか?」
局員:「送れない機種がありまして・・・。」ですって。

ああギャラクシーか。

私とのけんか中に妻の娘からのおさがりのアイフォンが故障したのでした..。
で、もう一台我家には古いアイフォンが余っているのですが妻は新品がよいとのことでアップルネット販売からSEを購入したのです。
で、私が設定。アイクラウドのおかげでデータがよみがえるはLINEも苦労したけどデータの引継ぎが無事出来ました。

今回、妻が私に仲直りの電話をかけてきたのはスマホが故障したからかもしれませんね。
まっ、いいか。


2017年9月 2日 (土)

倉敷があるじゃない

倉敷があるじゃない

ブログ都道府県と私4を読み返してあることに気付いたのです。
岡山県の思い出:新見。仕事で新見市ですがビジネスホテルの無料ビデオが思い出です。

思い出が新見での無料ビデオとは岡山県民に失礼千万ではないでしょうか。

しかし私は岡山県では新見市しか行ったことがありません。新見ですぜ。新見市をみなさんはこぞんじではないでしょう。何度か訪れましたが高梁川ぞいを散歩しただけのような。新見市は記憶に薄いです。

当時の私の新見市への移動はJR東京駅からのぞみで岡山へやくもに乗り継いでJR新見駅。
または羽田空港から岡山空港までANAで空港から新見市までレンタカーとし幾度も訪れています。宿は駅に近いビジネスホテル。そのシティーホテルが無料ビデオなのです。

初めて宿泊したときに心配症の私はフロントまで本当に無料か確認しにいきました。ビデオチャンネル観放題。
で、洋画邦画と映画を観まくりお陰様で毎日寝不足で仕事です。たまったものじゃあありません。毎晩睡眠を削って名作映画です。名作です。観たのは不朽の名作映画です。

さて、私の頭に岡山県の倉敷が浮かびました。倉敷は最近NHKのブラタモリでも紹介されています。広島からならわりと近距離です。行ったっていいのじゃない。休日は暇だし。善は急げで8月26日に一人倉敷観光をしてきたのでした。

広島家を朝の6時半に出発。イオンザ・ビック8時半到着。
運河ぞいを大原美術館まで自転車で移動。
9時からの美術館の開館を並んで待つ。
大原美術館:有名画家の作品を多数鑑賞。
美観地区を自転車で移動しながら散策。
阿智神社へ登り参拝。
アイビースクエア、倉紡記念館。12時ちょうどのオルゴールを一人聴く。
えびす通り、センター街からJR倉敷駅へ。北口の三井アウトレットパーク内を歩き端店舗入店。
駅前の天満屋入店後センター街へもどり鶴形ビル商店街の蕎麦屋奴でそば定食をいただく。
センター街えびす通りからいろは小路さんで白桃アイスを購入し運河ぞいを食べ歩きしイオンザ・ビックに戻る。爽健美茶とじゃかりこたらこ味を購入し帰路。

倉敷:美観地区は綺麗に整備されており倉屋敷と運河の美しい町並みをみることができました。つうか関東からは倉敷は遠いがここ広島からだと2時間です。広島千葉間に比べればへでもありません。ホント倉敷に訪れてよかったです。

これで私の岡山の思い出が無料ビデオチャンネルから倉敷観光旅行になりました。

1
2
3
4
5
Photo
Photo_2

Photo_3
9
10
11



2017年8月31日 (木)

七志へGO

七志へGO

今年のお盆は諸般の事情で私は暇になりました。しかし幾つかの約束ごとがありここ広島から静岡、千葉へと自動車で移動しなくてはなりませんでした。

約束事

静岡:広島の大学に通う甥っ子を静岡まで乗せていく約束をしていた。
千葉家周辺:知人宅での飲み会参加。

お盆実施結果:10日(木)夜広島出発。11日(金)朝静岡実家着。12日(土)昼静岡実家発、16時横浜七志でラーメン、スーパー銭湯竜泉寺の湯、大黒ふとうPA宿泊。13日(日)横浜散策、スーパー銭湯法典の湯、京葉道路幕張PA宿泊。14日(月)千葉飲み会、ビジネスホテル宿泊。15日(火)広島へ移動。16日(水)朝広島着。

私は数年前から大手ラーメンチェーン店の日高屋、幸楽苑ではなく街のラーメン店に入店することにしています。
そこで横浜ならラーメンは七志さんと決めていたのです。

チャンス到来、13日の横浜散策の前日は横浜まで移動しています。立ち寄れるじゃん。で、16時着でちょっと早いけど七志ラーメン(煮たまご追加)を夕食としたのでした。

さてと七志さんは渋谷にも店舗があります。妻と仲直りしましたら連れていってあげましょうか。

1

2

3


«ドライヤーの思い出